コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリブデン酸アンモニウム モリブデンさんアンモニウム ammonium molybdate

3件 の用語解説(モリブデン酸アンモニウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モリブデン酸アンモニウム
モリブデンさんアンモニウム
ammonium molybdate

種々の組成をもつものが存在するが,普通分析に使う結晶はパラ酸塩 (NH4)6[Mo7O24]・4H2O である。水鉛鉱を焙焼して酸化モリブデンとし,硝酸で洗って不純物を除き,アンモニア水に溶かし,再結晶させてつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

モリブデン酸アンモニウム

 リンの定量法に使われる試薬で,リンと反応するとリンモリブデン酸アンモニウムとなり還元状態で青色を呈する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モリブデン酸アンモニウム
もりぶでんさんあんもにうむ
ammonium molybdate

モリブデン()のオキソ酸であるモリブデン酸のアンモニウム塩。オルトモリブデン酸塩(NH4)2MoO4(正式名称はモリブデン()酸アンモニウム)は、酸化モリブデンを熱濃アンモニア水に溶かして結晶化させると得られる。希アンモニア性水溶液からはパラモリブデン酸塩(NH4)6Mo7O244H2O(正式名称はテトラコサオキシド七モリブデン()酸アンモニウム四水和物)を得るが、パラモリブデン酸のようにいくつかの単量体のオキソ酸が縮合して生成した多量体オキソ酸をイソポリ酸という。
 パラモリブデン酸アンモニウムの濃硝酸溶液にリン酸の溶液を加えると、ドデカモリブドリン酸水素アンモニウム(NH4)2H(PMo12O40)H2O(正式名称はテトラコンタリン十二モリブデン()酸アンモニウム一水和物)の黄色沈殿を得る。ヒ酸でも同様な沈殿を生じ、リンやヒ素の検出反応に利用されるが、この種の複数の元素の縮合オキソ酸をヘテロポリ酸という。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリブデン酸アンモニウムの関連キーワード白雲母水酸化アンモニウムゲルマン純物質非存在アシスタイトアリーの原理肺胞ガス式擬ミョウバン(擬明礬)ラーナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone