コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニオス Ammōnios

1件 の用語解説(アンモニオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンモニオス【Ammōnios】

5世紀の終りから6世紀の初めにかけてアレクサンドリアで活躍した新プラトン学派の哲学者。生没年不詳。アンモニオス・サッカスと区別して〈ヘルミアスの子〉と称される。アテナイでプロクロスに学んだ逸材で,数学や自然学においては当代の最も有能な人であったといわれるが,その著作はアリストテレスとポリフュリオスの論理学についての注釈しか残っていない。その弟子にはすぐれた3人の学者,フィロポノスシンプリキオスダマスキオスが輩出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアンモニオスの言及

【アレクサンドリア学派】より

…その学風は聖書を比喩的に解釈し,〈旧約〉を〈新約〉の予型とみなすところに特色があり,聖書の文献学的研究を重視するアンティオキア学派に対する。(3)5世紀からアレクサンドリアがアラブに征服されるまで,同市を中心とするヘルメイアス,その子アンモニオス,オリュンピオドロス,ステファヌスへと継承されていく新プラトン主義の系譜。アテナイを中心とする流れに比して形而上学的色彩が希薄であり,アリストテレスの注解を活発に行った。…

※「アンモニオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone