アーサーの死(読み)アーサーのし(英語表記)Morte Darthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アーサーの死」の解説

アーサーの死
アーサーのし
Morte Darthur

イギリスの散文作家 T.マロリーによるアーサー王伝説の集大成。 1469~70年頃に完成。全 21巻。 85年 W.カクストンによって出版された。8編の物語から成り,アーサーの誕生から即位円卓の騎士の恋や冒険などを含み,王妃グイネビアとランスロット姦通と王の不倫の子モードレッドの裏切りから,彼の王国は崩壊し,王は重傷のままアバロン島の谷間へと船で去り,王妃もランスロットも世を捨てるところで終る。後代の作家に大きな影響を与え,イギリス文学に限っても,スペンサードライデンアーノルドモリステニソンスウィンバーン,A.シモンズ,ハーディ,メースフィールドなど,おびただしい数にのぼる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android