アーサーの死(読み)アーサーのし(英語表記)Morte Darthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アーサーの死」の解説

アーサーの死
アーサーのし
Morte Darthur

イギリスの散文作家 T.マロリーによるアーサー王伝説の集大成。 1469~70年頃に完成。全 21巻。 85年 W.カクストンによって出版された。8編の物語から成り,アーサーの誕生から即位円卓の騎士の恋や冒険などを含み,王妃グイネビアとランスロット姦通と王の不倫の子モードレッドの裏切りから,彼の王国は崩壊し,王は重傷のままアバロン島の谷間へと船で去り,王妃もランスロットも世を捨てるところで終る。後代の作家に大きな影響を与え,イギリス文学に限っても,スペンサードライデンアーノルドモリステニソンスウィンバーン,A.シモンズ,ハーディ,メースフィールドなど,おびただしい数にのぼる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android