コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーティフィシャルリアリティー artificial reality

デジタル大辞泉の解説

アーティフィシャル‐リアリティー(artificial reality)

1970年代に米国のマイロン=クルーガーが提唱した、音響や映像によって人工的に作られる現実感。もとはインタラクティブアートの分野で用いられた用語だが、現在はバーチャルリアリティーとほぼ同じ意味で用いられる。人工現実AR。→バーチャルリアリティー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アーティフィシャルリアリティーの関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android