アート(Jr.) ブレイキー(英語表記)Jr. Art Blakey

20世紀西洋人名事典の解説

アート(Jr.) ブレイキー
Jr. Art Blakey


1940.11.19 - 1988.3
米国のドラム奏者。
ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれ。
別名Jr. Arthur William Blakey。
父はアート・ブレイキー。本格的に15歳でドラムを始め、父のプレイを見てジャズ界に進む。チャーリー・パーシップ等に師事。プロ・デビューは1958年。レコーディング・デビューは’60年テナー奏者グランビル・リーのセッション。’72年セカンド・ジェネレーションを結成。’73年ボビー・ティモンズ3で活動。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android