コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーナンド Anand, Mulk Raj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーナンド
Anand, Mulk Raj

[生]1905.12.12. インド領ペシャワル
[没]2004.9.28. プーナ
インドの作家。インドの英語小説の開祖で,貧困層からの搾取など,カースト制度の不公平さを扱った作品で知られた。パンジャブ大学,ケンブリッジ大学で学び,1929年ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジでイギリス哲学の博士号を取得した。『ペルシャ絵画』Persian Painting(1930),『インド・秘の美術』The Hindu View of Art(1933)など南アジア文化に関する著作を発表。『不可触民バクハの一日』Untouchable(1935),『クーリー』Coolie(1936),『葉っぱ二枚に芽一つよ』Two Leaves and a Bud(1937),『大いなる心』The Big Heart(1945,1980改訂)などの小説で,抑圧された人々の姿を描いた。ほかにも『村』The Village(1939),『黒いわだつみを越えて』Across the Black Waters(1940),『刀と鎌』The Sword and the Sickle(1942)の三部作や,7巻構成の自伝的小説(4巻まで発表)などがある。(→インド文学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アーナンドの関連キーワード12月12日インド映画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android