コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーペルドールン Apeldoorn

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーペルドールン
あーぺるどーるん
Apeldoorn

オランダ中部、ヘルデルラント州北部の都市。人口15万3683(2001)。ベールウェVeluwe丘陵の東麓(とうろく)に位置し、鉄道の結節点であり、また運河によって北のズウォレとも結ばれる交通の要衝。製紙をはじめ、化学、電子、家具製造などの工業が発達する。北郊には、元来ヘルデル公の狩猟用に建てられ、1686~1975年はオランダ王室の夏の離宮となっていたロー城Het Looがあるが、現在は博物館となり公開されている。レクリエーション地帯の中心にある田園都市で、市内にも公園が多く、周辺には多数のプール、キャンプ場、レストランなどがある。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アーペルドールンの関連キーワードウィレム3世[オランダ王]

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android