イイギリ科(読み)いいぎりか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イイギリ科
いいぎりか
[学]Flacourtiaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉性の木。葉は単葉。花は一般に小さく両性または単性。3~6枚の萼片(がくへん)と、それと同数の花弁が放射相称に並ぶが、ときに花弁を欠く。雄しべは多数。子房は柄があり、1室で側膜胎座に多数の胚珠(はいしゅ)をもつ。果実は液果、(さくか)または核果。熱帯から暖帯にかけて分布し、93属約1000種知られる。日本にはイイギリ属1種、クスドイゲ属1種が分布するだけである。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイイギリ科の言及

【イイギリ】より

…日本の山野に自生するイイギリ科の落葉高木で高さ10~15m,直径1mになる(イラスト)。秋に紅熟した果実が多数,枝端からぶら下がる様子は美しい。…

※「イイギリ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android