コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェーナンジャウン イェーナンジャウンYenangyaung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェーナンジャウン
Yenangyaung

ミャンマー中西部,マグウェ管区マグウェ郡の行政中心地。エイヤーワディ川に臨み,北方には聖山ポパ山がある。北方 50kmのチャウを含め,ミャンマー最大の油田地帯。油田は 11~13世紀のパガン(蒲甘)朝の頃から付近の住民によって手掘りが行なわれ,18~19世紀のコンバウン朝では重要な産業となっていた。20世紀初頭からイギリスによる開発が進み,1938年には 1億1000万ガロンを産出したが,第2次世界大戦で荒廃し,産出量は戦前の 5分の1に減少した。今日では全面的に国有化され,新油田の開発が行なわれている。エイヤーワディ川河岸に石油の積出港があり,鉄道駅があるほか,パイプラインヤンゴンの対岸のタニン港(シリアム港)と結ばれている。人口 8万2545(1993推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イェーナンジャウンの関連キーワードパガン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android