コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス室内管弦楽団

デジタル大辞泉プラスの解説

イギリス室内管弦楽団

イギリスのロンドンを拠点とする室内オーケストラ。1948年に設立されたゴールズブロウ管弦楽団を前身とし、1960年より現名称になった。主な指揮者はジェフリー・テイト、ラルフ・ゴトーニなど。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス室内管弦楽団
いぎりすしつないかんげんがくだん
English Chamber Orchestra

イギリスの管弦楽団。前身は1948年ロンドンに設立されたゴールズブロー管弦楽団。1960年に現在の名称に変更した。略称ECO。当初は18世紀の作品をおもに演奏していたが、改称後はバロックから現代まで幅広い曲目を演奏するようになった。常任指揮者は置いていないが、ブリテン、レイモンド・レッパード、ダニエル・バレンボイムの指揮による演奏とレコード録音が多い。メンバーは30名弱だが、曲目に応じて増員している。ロンドンにおける演奏会、オールドバラ音楽祭などへの参加、演奏旅行を数多く行い、1970年(昭和45)に万国博覧会参加のため初来日した。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イギリス室内管弦楽団の関連キーワードレイモンド レッパード

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イギリス室内管弦楽団の関連情報