コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクチオルニス イクチオルニスIchthyornis

3件 の用語解説(イクチオルニスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクチオルニス
イクチオルニス
Ichthyornis

白亜紀後期の北アメリカに生息していた化石鳥類。体長約 35cmで,胸骨が大きくよく発達し,飛行するための筋肉がついており,上手に活動的に空を飛んだと思われる最古の鳥。おそらく海辺にすみ,そこで餌を捜したものと思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イクチオルニス

白亜紀後期の原始鳥類。大きさはハトぐらい。米国カンザス州で化石発見。胸骨が発達し,くちばしが大きく平らで,爬虫(はちゅう)類と同じような歯をもつ。水辺にすみ,魚を捕食した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

イクチオルニス【Ichthyornis】

白亜紀の化石鳥。歯をもっていた。ハトほどの大きさで、かなり自由に飛ぶことができたと思われる。魚鳥。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のイクチオルニスの言及

【鳥類】より

始祖鳥
[真鳥類の出現]
 ジュラ紀からは始祖鳥以外に鳥の化石は見つかっていないが,次の白亜紀からは,少なくとも7目12科37種の鳥が知られている。そのうち,ヘスペルオルニスHesperornisというアビに似た潜水鳥とイクチオルニスIchthyornisというアジサシに似た海鳥は,始祖鳥と同様に歯をそなえていたが,その他のものはあらゆる点で完全に鳥であったようである。アメリカのカンザス州の白亜紀後期の地層から産出したヘスペルオルニスは,とくに上顎(じようがく)骨と下顎骨に歯が発達するが前顎骨には歯がない。…

※「イクチオルニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone