コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサザ イサザ Gymnogobius isaza

2件 の用語解説(イサザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサザ
イサザ
Gymnogobius isaza

スズキ目ハゼ科の淡水魚。全長約 8cm。頭部は縦扁,体は後方に向かって側扁する。地色は灰褐色。河川のウキゴリ類(→ウキゴリ)から分化したと考えられている。琵琶湖固有種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサザ
いさざ /
Lake Biwa goby
[学]Chaenogobius isaza

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する淡水魚。琵琶湖(びわこ)の特産魚の一つである。昼間は湖北部の水深30~60メートルの深所に大群をなしているが、夜間は表層近くまで浮上する。底生生活を送る種類の多いハゼ科の魚のなかで、この生態は特異である。体は淡色。産卵期は4~6月。親魚は湖北部の礫底(れきてい)の浅所へ移動して、石の下面に卵塊を産み付ける。雄の親魚が卵を守る。餌(えさ)はヨコエビ類、エビ類などの小動物である。生後1年ないし2年で親魚となり、体長7.5センチメートルに達する。寿命は2年半。本種は琵琶湖における水産業上の重要魚種の一つであるが、周期的に著しい漁獲量の変動がある。佃煮(つくだに)として市場に出回る。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイサザの言及

【琵琶湖】より

… 一方,琵琶湖の中で分化した種もある。ニゴロブナとゲンゴロウブナ,ホンモロコ,ビワコオオナマズとイワトコナマズ,イサザがそれで,それぞれ日本各地に広く分布するキンブナ,タモロコ,マナマズ,ウキゴリから,琵琶湖の広い沖帯を利用すべく進化したものである。またビワマスはアマゴとはすでにかなり異なっているし,アユ,カジカ,ヨシノボリも琵琶湖にすむものと他水域のものとはいくらか違っている。…

※「イサザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イサザの関連キーワードハゼ赤羽太葉血引ペヘレイ真鯊葦登顎沙魚浮吾里沙魚チチブ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イサザの関連情報