コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサザ Gymnogobius isaza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサザ
Gymnogobius isaza

スズキ目ハゼ科の淡水魚。全長約 8cm。頭部は縦扁,体は後方に向かって側扁する。地色は灰褐色。河川のウキゴリ類(→ウキゴリ)から分化したと考えられている。琵琶湖固有種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサザ
いさざ /
Lake Biwa goby
[学]Chaenogobius isaza

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する淡水魚。琵琶湖(びわこ)の特産魚の一つである。昼間は湖北部の水深30~60メートルの深所に大群をなしているが、夜間は表層近くまで浮上する。底生生活を送る種類の多いハゼ科の魚のなかで、この生態は特異である。体は淡色。産卵期は4~6月。親魚は湖北部の礫底(れきてい)の浅所へ移動して、石の下面に卵塊を産み付ける。雄の親魚が卵を守る。餌(えさ)はヨコエビ類、エビ類などの小動物である。生後1年ないし2年で親魚となり、体長7.5センチメートルに達する。寿命は2年半。本種は琵琶湖における水産業上の重要魚種の一つであるが、周期的に著しい漁獲量の変動がある。佃煮(つくだに)として市場に出回る。[道津喜衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイサザの言及

【琵琶湖】より

… 一方,琵琶湖の中で分化した種もある。ニゴロブナとゲンゴロウブナ,ホンモロコ,ビワコオオナマズとイワトコナマズ,イサザがそれで,それぞれ日本各地に広く分布するキンブナ,タモロコ,マナマズ,ウキゴリから,琵琶湖の広い沖帯を利用すべく進化したものである。またビワマスはアマゴとはすでにかなり異なっているし,アユ,カジカ,ヨシノボリも琵琶湖にすむものと他水域のものとはいくらか違っている。…

※「イサザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イサザの関連キーワードイサザアミ素魚・白魚ビワマス陸封型北浦醤蝦陸封アミ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イサザの関連情報