コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガイ Unio douglasiae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシガイ
Unio douglasiae

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科。殻長 6cm,殻高 2.8cm,殻幅 2cm。淡水産。殻は長卵形で殻頂は低く,前端は丸い。殻表は平滑,または殻頂のほうに皺があり,幼貝のときは黄色で緑色の放射帯があるが,成長すると黒色になる。内面は強い真珠光沢がある。北海道から九州までと,シベリア,中国,朝鮮半島,台湾に分布し,河川湖沼などの砂礫底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシガイ
いしがい / 石貝
Douglas' freshwater mussel
[学]Unio douglasiae

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科の二枚貝。淡水性で、日本各地の河川や湖沼にすみ、水の清らかな砂礫(されき)底に普通にみられる。朝鮮半島から中国北部、シベリア方面にも分布し、日本のものを地方的亜種U. d. nipponensisとすることもある。殻長60ミリメートル、殻高28ミリメートルに達する長卵形で、殻頂は低く前から3分の1ぐらいの位置にあり、前端は丸いが後端はややとがる。腹縁はほとんどまっすぐ。殻は黄色地に緑色の放射状色帯があるが、老成すると黒ずむ。殻表には彫刻はなく、内面は白い真珠光沢が美しい。かみ合わせの主歯は扁平(へんぺい)で、後側歯は細長い。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イシガイの関連キーワードイケチョウガイ(池蝶貝)ドブガイ(土負貝)カラスガイ(烏貝)イケチョウガイマスカティーンガマノセガイピグトウガイグロキジウム田小屋野貝塚ササノハガイマツカサガイヒガイ(鰉)中沢目貝塚上山田貝塚カラスガイ小母烏帽子川真珠貝ドブガイ立烏帽子寄生貝類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android