コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシゲ(石毛) イシゲIshige okamurai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシゲ(石毛)
イシゲ
Ishige okamurai

褐藻類ナガマツモ目イシゲ科の海藻。太平洋岸の茨城県以南で,潮間帯中部の岩石に著しい群落をつくる。本州の日本海岸中南部,九州西・北部にも分布する。藻体は硬く,細い角張った棒状で何回も分岐し,全長 10cmに及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イシゲ【イシゲ(石毛) Ishige okamurai Yendo】

潮間帯の岩上に群生し,干潮時には露出してひからびたようになる黒褐色の小型のイシゲ科の褐藻(イラスト)。体は樹枝状で,叉(さ)状に分枝し,高さ5~10cmになる。枝はほぼ円柱状であるが,ところどころは角ばる。海水中に浸っているときは褐色であるが,干潮時には長時間空中に露出して乾き,黒色がかる。似た種類に体が葉状のイロロI.sinicola (Setch.et Gardn.) Chiharaがある。潮間帯の同一帯位に生育しときどきイシゲの体上に生えるので同一種とみられたこともあったが,生殖や発生の研究から現在では両者は別種とされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイシゲ(石毛)の言及

【エゾイシゲ】より

…似た分布を示す近縁種ヒバマタは葉状で,中肋をもつので区別は容易である。似た名まえのイシゲはやはり潮間帯に生育する褐藻であるが,分類上の所属は全く異なり,ナガマツモ目の仲間であり,体は高さ5~10cmと小型で,分布も茨城県以南の暖流海域のみと,対照的である。【千原 光雄】。…

※「イシゲ(石毛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android