コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシゲ

海藻海草標本図鑑の解説

イシゲ

からだは円柱状だが,ところどころで扁円もしくは角張る。分枝は不規則な樹枝状。枝の先端は細くなる。潮が引いて干出しても直立しており,干出したものは 黒く干からびたようにみえるが,潮が満ちて再び水に浸かると褐色に戻る。切片を見ると,外層は,色素を持った小さな細胞が密に放射状に並び,内層は無色の 糸状細胞が密に入り組んでいる。和名のイシゲは「石の毛」からきており,また,学名の属名「Ishige」は和名に由来している。手触りは硬い。押し葉標 本は台紙に付かない。一年を通して観察することができ,春先には潮間帯の岩上にイロロと混生した群落をつくっている様子が確認される。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシゲ
いしげ
[学]Ishige okamurai Yendo

褐藻植物、イシゲ科の海藻。波荒い外海の岩礁上の満潮線近くに生育する。黒褐色で、次々と二またに分かれる針金状の分枝体をもつ。温海性で、体長は15センチメートル内外となり、冬から初夏にかけて繁茂する。なお、分枝が幅広く、扁平(へんぺい)葉状になるのはイロロといい、イシゲとは別種である。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イシゲの関連キーワードイシゲ(石毛)エゾイシゲサイミ石毛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android