コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシナギ

百科事典マイペディアの解説

イシナギ

スズキ科の魚。地方名オオイオ,オオヨなど。全長2m余。日本各地および朝鮮半島南部の深海(300〜600m)岩礁部にすみ,5〜6月の産卵期にはやや浅い所に来遊する。夏に美味。刺身,煮付,塩焼にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イシナギ

スズキ目スズキ科の海産魚(イラスト)。最大級の大物釣り対象魚として遊漁者に人気がある。日本各地,朝鮮半島南部沿岸にわたり分布し,本州中部から北部,とくに北海道に多い。以前は1種として扱われてきたが,近年,Stereolepis gigas(イシナギ)とS.doederleiniとの2種に分けられた。前者は全長2mを超え,秋田でオヨ,富山でオオイオ,各地でオオナなど,いずれの地方名も本種の体が巨大であることによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシナギ
いしなぎ / 石投
striped jewfish
[学]Stereolepis doederleini

硬骨魚綱スズキ目スズキ科に属する海水魚。北海道から南日本に分布するが、とくに北海道に多い。全長2メートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形でやや側扁(そくへん)する。背びれ棘(きょく)部と軟条部との境は深く欠刻する。体色は全体が灰褐色を帯びる。幼魚には4~6条の黒褐色の縦走帯があるが、成長するにつれて消失する。水深400~500メートルの深海の岩礁帯にすみ、5~6月の産卵期には150メートルくらいの浅所にきて産卵する。幼魚の時代は比較的浅所に、成長すると深海に移る。大物をねらう沖釣りの対象魚で、初夏、産卵のため浅所に移ったころが漁期になる。餌(えさ)は生きたヤリイカが最良とされている。夏はとくに美味で、刺身、塩焼き、照焼き、煮つけなどにして賞味される。なお、産卵期の内臓を食べると中毒をおこすことがある。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイシナギの言及

【魚貝毒】より

…最近,巻貝のバイ,ボウシュウボラのなかにはフグ毒テトロドトキシンをもつものが見いだされている。フグ
[イシナギなど]
 イシナギの肝臓には多量のビタミンAが含まれ,中毒の原因物質と考えられている。食後10時間以内に発症し,強い頭痛,発熱,嘔吐などの症状があり,2日目ころから皮膚がはげ落ちるようになる。…

※「イシナギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android