コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイール・イブン・アフマド(英語表記)Ismā`īl b. Aḥmad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスマーイール・イブン・アフマド
Ismā`īl b. Aḥmad

[生]849
[没]907
中央アジアおよび東イランを支配したサーマン朝の事実上の創始者。初めサマルカンドの兄ナスル (在位 874~892) のもとでブハラ総督をつとめ,兄の没後マーワラー・アンナフルの支配者となる。首都をブハラに移して,アッバース朝カリフから統治権を承認され,以後タラス,ウシュルーサナ,ホラズム方面へと勢力を拡大。 900年にはサッファール朝のアムルをバルフ付近で打破し,ホラーサーンにも覇権を確立,902年までにその支配をレイやカズビーンにまで及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android