コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイール・イブン・アフマド イスマーイール・イブン・アフマドIsmā`īl b. Aḥmad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスマーイール・イブン・アフマド
Ismā`īl b. Aḥmad

[生]849
[没]907
中央アジアおよび東イランを支配したサーマン朝の事実上の創始者。初めサマルカンドの兄ナスル (在位 874~892) のもとでブハラ総督をつとめ,兄の没後マーワラー・アンナフルの支配者となる。首都をブハラに移して,アッバース朝カリフから統治権を承認され,以後タラス,ウシュルーサナ,ホラズム方面へと勢力を拡大。 900年にはサッファール朝のアムルをバルフ付近で打破し,ホラーサーンにも覇権を確立,902年までにその支配をレイやカズビーンにまで及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イスマーイール・イブン・アフマドの関連キーワード日航機ニアミス事故エーデルワイスカウカウ レッドセントバーナードラ・ポヤチョコレート朱全忠延喜格式荆南