コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーデルワイス エーデルワイス Leontopodium alpinum; edelweiss

10件 の用語解説(エーデルワイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーデルワイス
エーデルワイス
Leontopodium alpinum; edelweiss

キク科の多年草ヨーロッパの高山や亜高山に生える有名な高山植物。草丈は 10~20cm,全体が白色の軟毛に包まれている。夏の頃,茎頂に6~10個の頭状花をつけ,その下に白毛をかぶった包葉が数枚星形について花弁のようにみえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エーデルワイス(〈ドイツ〉Edelweiß)

キク科の多年草。ヨーロッパ‐アルプスヒマラヤ山脈など高山に自生。高さ10~30センチ。全体が白い毛で覆われ、葉は細いへら形。夏、茎の頂に葉を星形につけ、その間に花が集まってつく。日本には近縁種のヒメウスユキソウハヤチネウスユキソウなどが自生。西洋うすゆきそう。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エーデルワイス

ヨーロッパアルプスの名花として知られるキク科の多年草。セイヨウウスユキソウともいう。高さ10〜20cm。茎頂に7〜9個の頭花がつき,その基部に包葉が放射状について包葉群全体で花のように見える。
→関連項目ウスユキソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タレントデータバンクの解説

エーデルワイス


グループ
エーデルワイス

グループメンバー
門田 樹/稲田 大三

職種
お笑い

プロフィール
千葉県出身の門田樹と兵庫県出身の稲田大三のコンビ。2008年5月結成。インターネット掲示板で企画された相方探し合コンによって50人の中から結ばれるお互い人見知りのためなかなか仲良くなれずコンビとして活動するために半年間かかる。結成当初は「グリーングリーン」という名で活動していたが、改名することになり「グリーングリーンより有名な名前を」ということでインターネットの「好き童謡ランキング」で上位の「エーデルワイス」に改名した。

代表作品
ライブ『たけのこライブvol.35』(2010) / フジテレビ『爆生レッドカーペット』 / ライブ『浅井企画主催お笑いライブ』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

エーデルワイス

静岡県、バイエルンマイスタービアが製造する地ビールドイツ人ビールマイスターが醸造する。

エーデルワイス

スイスの筆記具メーカーカランダッシュ社のボールペンの商品名。「849コレクション」かつ「849 エッセンシャリースイスシリーズ」。スイスの国花、エーデルワイスをデザインしている。

エーデルワイス

日本の唱歌の題名。作詞:阪田寛夫、作曲:リチャードロジャースミュージカルサウンド・オブ・ミュージック」の中で歌われる歌。原曲の発表年は1959年。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エーデルワイス【edelweiss】

夏に美しい白い花を開くヨーロッパ・アルプス産のキク科ウスユキソウの1種(イラスト)。転じて,ウスユキソウの仲間をこの名で呼ぶことがある。高山植物として有名で,人の近づかない万年雪の岩の裂け目に野生するため,登山家たちのあこがれの花となった。名前はドイツ語のEdel(高貴な)Weiss(白)に由来する。【堀田 満】
[伝説]
 エーデルワイスの学名Leontopodiumは〈獅子の足〉の意で,これは毛皮状の葉にくるまった花がライオンの足を思わせるためであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エーデルワイス【Edelweiß】

キク科の多年草。アルプスなどの高山に自生。高さ10~20センチメートル。葉はへら状。夏期、全体に白い綿毛でおおわれ、茎頂に白い苞葉ほうように包まれた数個の筒状花をつける。日本産のヒメウスユキソウ・ハヤチネウスユキソウなどは近縁種。西洋薄雪草。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーデルワイス
えーでるわいす
Edelweissドイツ語
[学]Leontopodium alpinum Cass.

キク科の多年草。一名セイヨウウスユキソウ。ヨーロッパ・アルプス、ヒマラヤに自生し、アルプスの花として有名で、オーストリアの国花となっている。日本に自生するミヤマウスユキソウやハヤチネウスユキソウはごく近縁種である。
 なお、エーデルワイスは「高貴な白」という意味で、「アルプスの永久花」という名でも知られている。星形のビロードのような白花は「純粋」のシンボルになっている。[冨樫 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエーデルワイスの言及

【ウスユキソウ】より

…世界で約50種が知られているキク科の多年草の属名で,日本には5種ある。ウスユキソウの名を有名にしたのはヨーロッパ・アルプスの登山家たちの憧れの花エーデルワイスL.alpinum Cass.(ドイツ語名Edelweiss)(イラスト)であるが,属の分布の中心はヒマラヤから中国中・南部の高地で,そこには三十数種が生育する。いずれの種も,花の基部に数枚から十数枚の苞葉が発達する。…

※「エーデルワイス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エーデルワイスの関連キーワードワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデシュテムウェーデルンセンメルワイスモーゼルワインウエーデルンビーチホルン849 エッセンシャリースイスシリーズエーデルワイススキーリゾートスティルワイン早池峰山岳博物館

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エーデルワイスの関連情報