ホラーサーン(英語表記)Khurāsān

世界大百科事典 第2版の解説

ホラーサーン【Khorāsān】

イランからアフガニスタンにかけての地域名。現在はイランの州の一つで,面積約32万km2,州域はイラン最大。人口600万(1991)。州都はマシュハド。ホラーサーンは〈太陽khorの上る所〉を意味する。 かつてはマー・ワラー・アンナフル以南,アフガニスタンも含んでおり,メルブヘラート,バルフもホラーサーンの主要都市であった。遊牧民の南下の通路にあたり古来しばしばその侵入を被った。ウマイヤ朝後期シーア派運動が活発になり,この運動を利用しアッバース家がメルブで武装蜂起し,ウマイヤ朝を倒した(アッバース朝革命。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ホラーサーン【Khorāsān】

イラン北東部を中心にアフガニスタン・トルクメニスタンにまたがる地方。古代、パルティア帝国の発祥地。中央アジアからイランへの通路に当たる。フラーサーン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android