コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カズビーン Qazvīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カズビーン
Qazvīn

イラン北部,テヘラン州の都市。エルブールズ山脈南麓の広大で肥沃な平野に位置する。道路と鉄道でテヘラン,タブリーズと結ばれ,カスピ海や南西のハマダーンには道路で結ばれる交通の要衝。産業は変化に富む農業に集中している。4世紀以前からの歴史をもち,イスラム時代初期にその宣教基地として栄えたが,13世紀にモンゴルの侵略を受けて破壊された。のちに復興し,サファビー朝のタマースプ1世により首都とされ,アッバース1世のときイスファハン (現エスファハン) に移されるまで,その地位を保った。人口 27万 8826 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カズビーン【Qazvīn】

イラン北部,テヘランの西約150km,標高2302mの高原にある地方都市。人口29万9000(1994)。3世紀にササン朝のシャープール1世が建設し,のちにサファビー朝のタフマースブ1世(在位1524‐76)も一時首都をここに置いた。カスピ海に注ぐシャールード川沿いにあり,農業も盛んでピスタシオが有名。工業では紡糸,マッチなどの工場も多く,さらに同市南東のエルブルズ工業団地(1968建設開始,1160haの敷地に約180の近代工場)の成立後は,イラン有数の工業都市となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カズビーン
かずびーん
Qazvn

イラン北西部、カズビーン州の州都。テヘランの北西144キロメートル、アルボルズ山脈の南麓(なんろく)にある。標高1302メートル。年降水量339ミリメートル。人口29万1117(1996)。イラン北部の交通の要衝を占め、ササン朝のシャープール2世により4世紀につくられた。アラブ人、モンゴル人の破壊を被ったが、1555~96年にはサファビー朝の首都として栄えた。地震帯に位置するため何度も震災を受け、1809年の地震では町の大半が崩壊した。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カズビーンの関連キーワードイスマーイール・イブン・アフマドムスタウフィー・カズビーニーウバイデ・ザーカーニーカズビーニー アーレフウバイド・ザーカーニークッラトゥル・アインクッラトル・アインタハマースプ1世ギーラーン共和国カズウィーニージェンキンソンガッファーリーパフラビー朝ジヤール朝デホダーアーレフラジャイ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android