コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カズビーン カズビーン Qazvīn

4件 の用語解説(カズビーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カズビーン
カズビーン
Qazvīn

イラン北部,テヘラン州の都市。エルブールズ山脈南麓の広大で肥沃な平野に位置する。道路と鉄道でテヘランタブリーズと結ばれ,カスピ海や南西のハマダーンには道路で結ばれる交通の要衝。産業は変化に富む農業に集中している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カズビーン(Qazvīn)

ガズビーン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カズビーン【Qazvīn】

イラン北部,テヘランの西約150km,標高2302mの高原にある地方都市。人口29万9000(1994)。3世紀にササン朝のシャープール1世が建設し,のちにサファビー朝タフマースブ1世(在位1524‐76)も一時首都をここに置いた。カスピ海に注ぐシャールード川沿いにあり,農業も盛んでピスタシオが有名。工業では紡糸,マッチなどの工場も多く,さらに同市南東のエルブルズ工業団地(1968建設開始,1160haの敷地に約180の近代工場)の成立後は,イラン有数の工業都市となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カズビーン
かずびーん
Qazvn

イラン北西部、カズビーン州の州都。テヘランの北西144キロメートルアルボルズ山脈の南麓(なんろく)にある。標高1302メートル。年降水量339ミリメートル。人口29万1117(1996)。イラン北部の交通の要衝を占め、ササン朝のシャープール2世により4世紀につくられた。アラブ人、モンゴル人の破壊を被ったが、1555~96年にはサファビー朝の首都として栄えた。地震帯に位置するため何度も震災を受け、1809年の地震では町の大半が崩壊した。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カズビーンの関連キーワードテヘランイランイランテヘラン会談NIOCテヘラン宣言アルボルズ山脈ガズビーンダムガーンテヘラン考古学博物館テヘラン協定

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone