コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム庭園 イスラムていえんIslamic gardens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム庭園
イスラムていえん
Islamic gardens

イスラム教の伝播に伴ってその勢力圏に展開した庭園の総称。コーランに,敬虔な信者が死後招かれる天上の楽園についての記述があるため,庭園は天上のパラダイスの雛型として特別の意味をもった。その原形は中東で一般にバーグと呼ばれる塀によって囲い込んだ敷地内にさまざまな果樹や草花を植込んだ園であった。イスラム世界は古代ペルシアの庭園文化から噴水水路構成を継承し,バーグにこの構成を重ね合せた独特の庭園の形式,すなわち噴水を中心に四方に流れる水路が庭を四分割するチャハル・バーグ (四分園) が成立した。中東を中心に広く分布しているが,現存するおもな地域はイラン,マグレブ,スペインのアンダルシア,インドである。特にグラナダナスル朝アルハンブラ宮殿の庭園は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イスラム庭園の関連キーワードアランフェスの王宮イスラム教カスケード泉水