コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア社会運動 イタリアしゃかいうんどうMovimento Sociale Italiano; MSI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア社会運動
イタリアしゃかいうんどう
Movimento Sociale Italiano; MSI

第2次世界大戦後のイタリアネオファシズム運動。 1948年に成立し,53年の第2回総選挙頃から旧ファシストあるいは南部の小市民,農民層を基盤として議会に進出。 64年以降のイタリア経済の停滞期から活発となり,70年代には王党派と組んで組織を拡大,76年6月の総選挙では上院 15名 (定員 315名) ,下院 35名 (定員 630名) の勢力を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイタリア社会運動の言及

【イタリア】より

…〈赤い旅団〉は国家権力の中枢部を攻撃目標として,政治家や企業家など要人の誘拐や暗殺を企て,実行した。他方,右翼の側では,ファシズムの崩壊直後から,ネオ・ファシズムの立場に立つ〈イタリア社会運動〉の活動が続いていたが,そこから分離した強硬派の集団が爆弾テロを繰り返した。爆弾テロはボローニャとその近辺で多発したが,それはボローニャが共産党市政のモデル都市であることと無関係ではない。…

【ファシズム】より

…また,主要幹部は別として,ファシストの公職追放も限られた範囲にとどまった。 ファシズム崩壊後まもなく,サロ共和国に加わったメンバーの間から,ネオ・ファシズムの動きが生じて,46年12月,ネオ・ファシスト党である〈イタリア社会運動Movimento Sociale Italiana〉(MSI)が結成された。MSIの勢力および路線は,そのときどきで変化をみたが,83年現在,アルミランテを指導者として下院議員42名(得票率6.8%)を有し,社会党に次ぎ第4位を占めている。…

※「イタリア社会運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イタリア社会運動の関連キーワードジャンフランコ フィーニG. アルミランテアルミランテ国民同盟

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android