コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチョウ科 イチョウか Ginkgoaceae

2件 の用語解説(イチョウ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチョウ科
イチョウか
Ginkgoaceae

裸子植物イチョウ目の1科。現生のものはイチョウ1種のみである。この科は中生代ジュラ紀に栄え,BaieraGinkgoitesなどの化石が知られる。 (→イチョウ〈銀杏〉 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチョウ科
いちょうか
[学]Ginkgoaceae

裸子植物で、三畳紀末に知られるトリコピチス科とともにイチョウ目に属する。葉は幾度も二又分枝を繰り返す葉脈をもつこと、葉の腋(わき)にできる枝の先に保護器官のない裸の胚珠(はいしゅ)がつく点に特徴がある。ソテツ科植物とともに、受精は精子によって行われる特殊な植物である。イチョウ科は中生代の温帯林を代表する植物として栄えたもので、7属知られているが、現生するのはイチョウ1種のみである。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチョウ科の関連キーワード顕花植物子葉胚珠裸子植物主根禾本科植物界球花原裸子植物前裸子植物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イチョウ科の関連情報