コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチョウ科 イチョウかGinkgoaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチョウ科
イチョウか
Ginkgoaceae

裸子植物イチョウ目の1科。現生のものはイチョウ1種のみである。この科は中生代ジュラ紀に栄え,BaieraGinkgoitesなどの化石が知られる。 (→イチョウ〈銀杏〉 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチョウ科
いちょうか
[学]Ginkgoaceae

裸子植物で、三畳紀末に知られるトリコピチス科とともにイチョウ目に属する。葉は幾度も二又分枝を繰り返す葉脈をもつこと、葉の腋(わき)にできる枝の先に保護器官のない裸の胚珠(はいしゅ)がつく点に特徴がある。ソテツ科植物とともに、受精は精子によって行われる特殊な植物である。イチョウ科は中生代の温帯林を代表する植物として栄えたもので、7属知られているが、現生するのはイチョウ1種のみである。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イチョウ科の関連キーワードネッタイチョウ(熱帯鳥)イチョウ(銀杏/公孫樹)アカオネッタイチョウシラオネッタイチョウライチョウ(雷鳥)サイチョウ(犀鳥)海鳥(かいちょう)イチョウ(銀杏)ネッタイチョウエゾライチョウブッポウソウ目銀杏・公孫樹ギンゴイテスペリカン目赤尾熱帯鳥成羽植物群サイチョウ白尾熱帯鳥ギンナン蝦夷雷鳥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android