コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イットウダイ Holocentrus spinosissimus

世界大百科事典 第2版の解説

イットウダイ【Holocentrus spinosissimus】

キンメダイ目イットウダイ科の海水魚(イラスト)。本州中部以南,台湾,南シナ海に分布。沿岸のやや深い岩礁間にすむ。体は鮮紅色で,うろこの1枚ごとに大きい白点があり,これが体側に9~10条の白い縦縞をつくっている。この白点は魚が死に(ひん)すると明滅し,死ぬと消失する。赤と白の縞が鹿の子模様を思わせるところから,カノコウオの別名がある。全長25cm程度に達する。体色が美しいので水族館で供覧している場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イットウダイ

イットウダイ科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イットウダイ
いっとうだい / 一等鯛
spiny squirrelfish
[学]Sargocentron spinosissimum

硬骨魚綱キンメダイイットウダイ科に属する海水魚。カノコウオともよばれる。相模湾(さがみわん)以南の太平洋沿岸、小笠原諸島(おがさわらしょとう)、五島列島(ごとうれっとう)、済州島(さいしゅうとう)(韓国)、南シナ海、ハワイ諸島に分布する。体長は25センチメートル。体は側扁(そくへん)したタイ形で、硬くて粗雑な鱗(うろこ)で覆われる。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の下端に1本の強くて長い棘(とげ)があること、臀(しり)びれは10軟条以下であることなどでイットウダイ亜科に属し、アカマツカサ亜科と区別する。頭部にある棘がもっとも多いことで他種と異なる。体色は美しい赤色で、各鱗に白色点があり、体側に9~10本の縦走帯を形成する。この模様を鹿の子(かのこ)絞りに見立てたのが、別名の由来である。沿岸の岩礁やサンゴ礁域に生息する。夜行性で、日中は物陰や岩穴に潜み、夜間に出て摂食する。あまり大きな群れをつくることはなく、岩礁と岩礁の間に設置する枡(ます)網などで漁獲される。観賞用として水族館で飼育されることが多いが、食用にもなり、かなり美味である。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone