コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトシャジン Campanula rotundifolia L.

1件 の用語解説(イトシャジンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イトシャジン【Campanula rotundifolia L.】

キキョウ科の多年草で,乾燥した草地や砂丘や岩場などに生える(イラスト)。シベリア中部ヨーロッパ北アメリカに広く分布している。カンパニュラ類(英名bluebell)の重要な園芸植物にもなっている。茎は高さ15~40cm,根生葉の柄は長さ3~10cm,葉身は円形で径0.5~3cm,数個の粗い鋸歯がある。茎生葉は線形で幅1~5cm,鋸歯はない。花は単生または総状に数個つき,花柄は糸状,萼裂片も糸状で長さ5~8mm,鋸歯はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イトシャジンの関連キーワード岩桔梗沢桔梗蕎麦菜谷桔梗雛桔梗八代草犬粟行儀芝四手沙参蔓桔梗

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone