コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナオ Inao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イナオ
Inao

タイの劇詩。古代ジャワに伝わる王朝物語 (ジャワではパンジーと呼ぶ) を,18世紀末マレーを経てタイに移入し,アユタヤ朝ボロマコート王の2人の王女が2編のタイ語の詩に書直したのが初めのものといわれる。普通,姉の作を『イナオ・ヤイ』 (または『ダーラン』) ,妹の作を『イナオ・レック』といい,後者がより愛誦されている。その後バンコク朝ラーマ2世が戯曲に脚色,ラコーン・ナイ (宮廷内舞劇) の代表作として今日でもしばしば上演される。親戚同士のイナオ王子とブッサバー姫をめぐるロマンチックな恋物語が展開する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イナオ【Inao】

タイ古典文学,舞踊歌唱劇の傑作。アユタヤ朝ボーロムコート王(在位1733‐58)の宮廷でマレー人捕虜がジャワ伝来のパンジー・スミラン(イナオ王子)物語を語り,姉妹の姫がそれを詩劇に書いた。姉の作を〈大イナオ〉または〈ダーラン〉,妹の作を〈小イナオ〉と称したが,後者の方が秀作であった。《イナオ》は戦闘と恋愛の描写が多いイナオ王子を中心とする物語で,原本はアユタヤの陥落と共に散逸したが,ラーマ2世時代(1809‐24)王命により全面的に書き改められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イナオの関連キーワードラコーン・クバック・ボランザット・ポエーラーマ(1世)タイ舞踊イナウ郝 帥