イニシアル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イニシアル
いにしある
initial

(かしら)文字。ラテン語のinitialis(始まり、最初)などを語源とすることばで、略式の署名signとして用いられたり、各種名称の略称として用いられる。たとえば、George Bernard ShawのイニシアルはG.B.S.であり、また、姓surname, family nameに付けてG.B.Shawなどと書く。企業名でも日本航空Japan Air LinesはJAL、日本放送協会はNHKなどとよび、地名ではニューヨーク市をN.Y.C.などとする。
 イニシアルを用いる歴史は古くローマ時代にさかのぼり、ローマ人は略字や略称をたいへん好んだ。本や文書の文の最初の文字は、本文と異なって大文字や装飾性に富む文字で書かれる。中世の写本では、動植物の模様などのとくに手のこんだデザインや鮮やかな色彩(とくに赤色を用いる例が多い)を用い、文字本来の役割を超えて芸術性の高い文字が多くみられる。イニシアルを俗に花文字というのは、こうしたことが原因となっている。この伝統は印刷術の発明以後にも受け継がれ、イニシアルだけは手書きによって制作された例も多い。現代の印刷物でも、イニシアルには装飾的な文字を用いることがあり、文字は簡素なスタイルであっても、しばしば赤色で印刷される。[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イニシアルの関連情報