コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌサフラン イヌサフラン Colchicum autumnale; colchicum

4件 の用語解説(イヌサフランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌサフラン
イヌサフラン
Colchicum autumnale; colchicum

ユリ科の多年草ヨーロッパから北アフリカにかけて,湿った原野などに自生する。春,地下の球根から広線形で長さ 30cm,幅3~4cmの根出葉を3~5枚出す。秋に葉が枯れたあと,サフランに似た淡紅紫色の花を開く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イヌサフラン

コルキカム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

知恵蔵miniの解説

イヌサフラン

ユリ科の球根植物。原産はヨーロッパ中南部から北アフリカ。日本には明治時代に渡来し、秋にアヤメ科サフランに似たピンク色の花を咲かせることから、園芸植物として広く栽培されている。球根(鱗茎)や種子、葉など全体にコルヒチンを含有しており、通風の治療薬として用いられているが、食用には適さない。摂取すると嘔吐(おうと)や下痢、呼吸困難を引き起こし、重症の場合は死に至ることもある。日本でも葉の形がよく似た山菜のギョウジャニンニクとの誤食による食中毒や、それによる死亡事例が複数発生している。

(2014-9-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌサフラン
いぬさふらん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイヌサフランの言及

【コルキカム】より

…ユリ科コルキカム属の秋植球根植物(イラスト)。別名イヌサフランと呼ばれ,土や水がなくても机の上で花が咲く珍しい,おもしろい性質がある。球根はタマネギ大の大きさで茶褐色の外皮をかぶり,底部に脚と呼ばれる突起がある。…

※「イヌサフラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌサフランの関連キーワードステルンベルギアスノーフレーク西ヨーロッパ東ヨーロッパヒヤシンスヨーロッパ中央銀行フリティラリアヨーロッパロシアヨーロッパ中央銀行制度ヨーロッパ通貨機構

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヌサフランの関連情報