イヌハギ(読み)いぬはぎ

  • Lespedeza tomentosa Sieb. ex Maxim.
  • いぬはぎ / 犬萩
  • 狗萩

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメ科(APG分類:マメ科)の多年草。茎は直立し、高さ約1メートルになる。冬期には地上部はほとんど枯れる。茎、枝、葉の裏面には黄褐色の毛を密生する。総状に長く伸びた花序に帯黄白色の花を多数つける。花は長さ7~8ミリメートル。閉鎖花は葉腋(ようえき)に密集してつく。日本、朝鮮、中国、東シベリア、ヒマラヤに分布する。名は、ハギに比べて観賞価値がないからという。

[秋山 忍 2019年10月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android