コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネカメムシ

2件 の用語解説(イネカメムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イネカメムシ

半翅(はんし)目カメムシ科の昆虫の一種。体長13mm内外,薄茶色で,外縁部は乳白色北海道を除く日本全土に分布。年1〜2回発生,成虫は雑草中で越冬。イネの穂の汁を吸い,不実または黒変させる害虫。
→関連項目カメムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネカメムシ
いねかめむし / 稲亀虫・稲椿象
rice stink bug
[学]Lagynotomus elongatus

昆虫綱半翅(はんし)目カメムシ科に属する昆虫。別名イネカッショクカメムシ。本州以南の各地、および東南アジア、インドに分布し、体長12~13ミリメートル。体はほぼ長楕円(ちょうだえん)形で、一様に淡褐色であるが、前翅の前縁が白色を帯びる。年1回発生し、成虫で越冬ののち、イネの出穂期に水田に集まり、1回に14粒の卵を2列に並べて産卵する。8月末から新成虫が現れる。成虫、幼虫ともにイネの穂を加害し、斑点米(はんてんまい)や花がついても種子ができない不稔(ふねん)粒をつくる著名な害虫である。かつては茨城、千葉、愛媛、高知、熊本の各県でとくに多発したが、1950年(昭和25)ごろからは目だった発生がなく、あまり問題視されなくなっている。[立川周二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイネカメムシの言及

【カメムシ(亀虫∥椿象)】より

… 山間部などで越冬時多くのカメムシ類が室内に侵入し,その臭気のため不快昆虫としてきらわれる。アオクサカメムシ,ナガメは野菜類の害虫として知られ,クロカメムシ,イネカメムシ,ミナミアオカメムシは稲の害虫として,また果樹類にはクサギカメムシ,チャバネアオカメムシなどがつき果実を害する。一般に草本の実を好む種類は,その好む熟度の実を求めて点々と植物を移動し,稲穂が乳熟期となると,稲穂に移ってきて斑点米の原因となる。…

※「イネカメムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イネカメムシの関連キーワード臭木椿象軍配虫鍋蓋虫青臭亀虫稲亀虫椿象金椿象土椿象長椿象花椿象