コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノモトソウ(井の許草) イノモトソウPteris multifida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イノモトソウ(井の許草)
イノモトソウ
Pteris multifida

イノモトソウ科の常緑性シダ植物。関東以西の本州,四国,九州に広く分布し,平地から山麓の特に石垣などに普通みられる。朝鮮半島,中国,インドシナにも分布している。根茎は細く,短くはう。鱗片は黒褐色で小さく,長さ 2.5mm。葉は無毛で,2型がある。栄養葉は長さ 20cm,葉柄は葉身より短く,羽片は3~5対で幅 1cm。オオバノイノモトソウ (大葉の井の許草) に似るが,中軸に翼がある。葉縁には不規則な鋭い鋸歯がある。胞子葉は栄養葉より長く 60cm,羽片はより細く幅 7mm以下であるが数は多い。胞子嚢は葉縁の脈上につき,膜質の偽包膜 (→包膜 ) でおおわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イノモトソウ(井の許草)の関連キーワードオオバノイノモトソウ(大葉の井の許草)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android