オオバノイノモトソウ(大葉の井の許草)(読み)オオバノイノモトソウ(英語表記)Pteris cretica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオバノイノモトソウ(大葉の井の許草)
オオバノイノモトソウ
Pteris cretica

イノモトソウ科の常緑性シダ植物。世界の熱帯および亜熱帯に広く分布し,関東以西の本州,四国,九州,琉球列島の林床などに普通にみられる。根茎は細く短く,横にはう。鱗片は暗褐色で細く長さ 3mm。葉は栄養葉胞子葉の2型がある。栄養葉は長さ 60cm,葉柄は葉身より長い。羽片は3~5対で幅2~3cm,縁に不規則な鋭い鋸歯があり,最下の羽片は2分岐する。イノモトソウ (井の許草) に似るが中軸に翼がない。胞子葉は栄養葉より長く,羽片は細くなる。胞子嚢は葉縁の脈上につき,膜質の偽包膜 (→包膜 ) でおおわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android