コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフィクレス Iphikles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフィクレス
Iphikles

ギリシア神話の英雄。アンフィトリュオンアルクメネの息子で,ヘラクレスの双子の兄弟だが,ゼウスの種によってアルクメネが懐妊したヘラクレスと比べ,力も勇気もはるかに劣っていた。アウトメドゥサと結婚し,ヘラクレスの忠実な従者となる息子イオラオスをもうけたが,のちにこの妻を捨て,テーベの王クレオンの王女の一人の夫となった。ヘラクレスの冒険にしばしば同行し,ヘラクレスがヒッポコオンと戦ったとき戦死をとげたとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イフィクレスの関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)カリドンの猪狩りオムファレ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android