イマード・アッディーン(英語表記)‘Imād al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

イマード・アッディーン【‘Imād al‐Dīn】

1125‐1201
アイユーブ朝時代の文人,官僚。イスファハーンに生まれ,バグダード,モースルに遊学,詩才を認められてカリフの宮廷に仕えたが,のちザンギー朝治下のシリアに移ってヌール・アッディーンの秘書官に任用された。その死後はサラーフ・アッディーンの秘書となって各地の遠征に従軍し,この時の体験を《シリアの稲妻》7巻にまとめた。事実の正確な記述に定評があり,また当代一流の文章家としても知られる。【佐藤 次高】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android