コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イマームモスク

デジタル大辞泉の解説

イマーム‐モスク

Masjed-e Emām》イラン中部の都市イスファハーンにあるイスラム寺院。1979年に世界遺産(文化遺産)に登録されたイマーム広場の南側に面する。イラン革命以前の旧称はシャーモスクまたはマスジェデシャー。17世紀初頭、サファビー朝アッバース1世により建設が始まり、彼の死の翌年に完成。青を基調とした正面部分のイーワーン(三方を壁で囲まれた門のような形をしたホール)や二重構造のドームをもつ中央礼拝堂には、鍾乳石(しょうにゅうせき)を模した精緻な装飾が施されている。同国におけるイスラム建築の傑作として知られる。マスジェデイマームマスジェデエマームエマームモスク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イマームモスクの関連キーワードイラン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android