コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヤマーク earmark

翻訳|earmark

デジタル大辞泉の解説

イヤマーク(earmark)

元来所有者を明示するために羊の耳につけた焼き印》
貿易や借款によって外国で取得した金を、為替決済の支払い準備などの目的で、その国の中央銀行寄託して保管しておくこと。
借入国が貸付国の中央銀行に、借入金一部を金で引き出せるように、特別勘定を設定してもらうこと。
預金者の希望で、預金の一部を別勘定に移して、特別の取り扱いをすること。
織物の端の部分に織りこまれた、製造メーカーのマーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イヤマーク【earmark】

〔元来は、羊の耳につけた所有者を明らかにするためのしるし〕
国際間の為替かわせ決済の準備などの目的で、外国で取得した正貨または金をそのまま外国の銀行に寄託して保管を頼むこと。
特定の使途を指定して、他に流用しない準備金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

イヤマークの関連キーワード交通外傷しるし準備金轢死使途正貨

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android