コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラク・クウェート国境画定問題 イラククウェートこっきょうかくていもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラク・クウェート国境画定問題
イラククウェートこっきょうかくていもんだい

1991年5月,国連によってイラククウェートの国境画定委員会が発足し,同年6月から 93年5月までに 10回の会合を開き,陸上,海上の国境を策定し,国連決議 833号として採択された。 63年の国境を基礎に,イラクのクウェート侵攻の原因の一つともなった国境付近のルメイラ油田の一部と,イラクのペルシャ湾への出口であるウンム・カスル港の一部がクウェート領に編入された。クウェートは新国境内に残されたイラク住民への補償を決定したが,イラク側はこれを拒否し,国連採決に激しく反対している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イラク・クウェート国境画定問題の関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門畑知子エゴロワ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android