コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラク・クウェート国境画定問題 イラククウェートこっきょうかくていもんだい

1件 の用語解説(イラク・クウェート国境画定問題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラク・クウェート国境画定問題
イラククウェートこっきょうかくていもんだい

1991年5月,国連によってイラククウェートの国境画定委員会が発足し,同年6月から 93年5月までに 10回の会合を開き,陸上,海上の国境を策定し,国連決議 833号として採択された。 63年の国境を基礎に,イラクのクウェート侵攻の原因の一つともなった国境付近のルメイラ油田の一部と,イラクのペルシャ湾への出口であるウンム・カスル港の一部がクウェート領に編入された。クウェートは新国境内に残されたイラク住民への補償を決定したが,イラク側はこれを拒否し,国連採決に激しく反対している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イラク・クウェート国境画定問題の関連キーワードユーゴ紛争畑知子世界の国旗山本智美西原さおりいまどきのこども検屍官近い外国家具産業児童心理学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone