コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラク博物館 イラクはくぶつかんal-Muthafal-`Irāqī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラク博物館
イラクはくぶつかん
al-Muthafal-`Irāqī

バグダードのサルヒーヤ地区にある博物館。 1923年創立。 24年の古代遺物保護法の公布以来,諸外国調査団によるイラク国内出土の遺物の半分が自動的に収蔵されるようになった。収蔵品の増加に伴い,66年現在の建物へ移転。展示品は先史時代からシュメールバビロニアアッシリアパルティア,イスラム時代の6文化期に分けて年代順に配置されている。有名な『サルゴン王宮の有翼人面獣身像』をはじめ,ウル王墓,ニネベ遺跡ハトラ遺跡出土品など,収蔵品は 20万点をこえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イラクはくぶつかん【イラク博物館 Iraqi Museum】

バグダードにある考古学博物館。イラク王国の独立とともに,1923年にティグリス川東岸の隊商宿の一室に設けられた展示室から出発した。翌年制定された古物法により,イラク国内の遺跡の発掘品が続々とこの博物館に収蔵され,やがてマームン通りの建物に移転。66年に現在の建物がティグリス川西岸に完成し全収蔵品がここに移管され,考古総局,図書館などを完備した近代的博物館となった。収蔵品の大半は考古学的発掘品で,展示は以下の6部門より構成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イラク博物館の関連キーワードメソポタミア美術シュメール美術バグダードバター

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android