コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラプアト イラプアトIrapuato

1件 の用語解説(イラプアトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラプアト
Irapuato

メキシコ中部,グアナフアト州中西部の都市。メキシコ市の北西約 280km,メキシコ高原南西部を占めるバヒオ呼ばれる肥沃な盆地にあり,レルマ川支流イラプアト川にのぞむ。標高約 1720m。 1547年建設。レルマ川上流の河水を利用する灌漑施設が建設されてから,周辺一帯の農牧地帯の重要な中心地となり,レオンに次ぐ州第2の都市に発展した。主要作物はトウモロコシ,小麦,豆類などで,イチゴの特産もある。ウシ,ブタの飼育も盛ん。交通の要地で,鉄道,道路が分岐する。人口 36万 2471 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone