イリジウム計画(読み)イリジウムけいかく

百科事典マイペディアの解説

イリジウム計画【イリジウムけいかく】

米国モトローラ社が1990年提唱した,人工衛星を使った世界規模の移動体通信構想。地球上どこでも通信を可能にするため,66個の低軌道衛星を使用する。当初の計画は77個だったため,原子番号77のイリジウムの名前をつけた。1993年,計画の実行主体として日本イリジウムが設立され1998年11月にサービスを開始したが,加入者数の低迷などで2000年3月に事業を廃止。
→関連項目宇宙通信通信衛星

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android