コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イル・ジェズ聖堂(読み)イル・ジェズせいどう(英語表記)Il Gesù, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イル・ジェズ聖堂
イル・ジェズせいどう
Il Gesù, Roma

イタリアのローマにある初期バロックを代表する聖堂建築で,イエズス会の本部聖堂。教皇パウルス3世の甥 A.ファルネーゼが資金を出し,建築家ジャコモ・バロッツィ・ダ・ビニョーラを起用。起工は 1568年。1571年には聖堂のコーニスまで完成。しかしファルネーゼはファサードについてはビニョーラの案を退け,彼の弟子ジャコモ・デラ・ポルタに設計を依頼,1577年に完成した。翼廊と祭室はビニョーラの原設計案で,ドームはポルタの設計でつくられた。完成は 1584年。内部の装飾は建物の完成当時にはほとんど着手されず,約 1世紀後の 1668~83年に行なわれた。ドームのフレスコ画(→フレスコ)はジョバンニ・バティスタ・ガウリ,通称バチッチアによる『イエスの御名の勝利』,翼廊左側の『聖イグナチウス祭壇』(1696~1700)は,アンドレア・ポッツォの制作した絢爛豪華な祭壇。建築にはバシリカ式(→バシリカ)と集中式の聖堂の特徴を融合しようとする方向がみられ,側廊の代わりに身廊両側に奥行の浅い礼拝堂が並び,独特の内壁構成を示している。(→キリスト教建築バロック建築

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android