コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワザンショウ(岩山椒) イワザンショウZanthoxylum beecheyanum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワザンショウ(岩山椒)
イワザンショウ
Zanthoxylum beecheyanum

ミカン科の常緑小低木。沖縄の南・北大東島と小笠原諸島に特産する。岩場にはうように生え,よく分枝して横に広がる。高さ 20~50cm。枝に短いとげがある。葉は互生し,長さ2~5cmの羽状複葉で,小葉は長さ数 mmの小さな楕円形で3~6対つき,全縁で表面に光沢がある。葉の軸に小さなひれ状の翼が並ぶ。葉や茎にはサンショウに似た芳香がある。雌雄異株で,春に葉腋から短い穂を出して花をつける。花弁はほぼ同形で各6枚,おしべは6本ある。果実は径 3mmほどの球形で緑色,熟すと褐色になる。琉球列島の海岸に生えるやや大型で葉の軸の翼が目立つものは,ヒレザンショウ Z.beecheyanum var.alatumといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android