コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インシャン(陰山)山脈 インシャンさんみゃくYinshan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インシャン(陰山)山脈
インシャンさんみゃく
Yinshan

中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区中部,ホワン (黄) 河大湾曲部の北にある地塊山地。東西 400kmにわたって標高 1500~2000mの山が連なる。主脈のターチンシャン (大青山) 山脈は南方のホータオ (河套) 平原から比高 1000mの断崖をなして屹立しているが,北斜面はモンゴル高原にゆるやかに低下する。古くから漢族と北方遊牧民族との境とされ,戦国時代の趙から秦,漢の各代にわたり長城が築かれた。山麓は石炭,鉄の埋蔵が豊富で,特に北麓のバヤンオボー (白雲鄂博) の鉄鉱山は規模が大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インシャン(陰山)山脈の関連キーワードフォンチェン(豊鎮)丘陵パイリンミヤオ(百霊廟)バヤンオボー(白雲鄂博)内モンゴル(蒙古)自治区パオトウ(包頭)特別市内モンゴル(蒙古)高原ホータオ(河套)平原バヤンノール盟万里の長城唐山地震

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android