インジェロー(英語表記)Jean Ingelow

世界大百科事典 第2版の解説

インジェロー【Jean Ingelow】

1820‐97
イギリスの女流詩人,小説家。リンカンシャーのボストン生れ。30歳で匿名出版した《詩で綴る事件と感情の記録》(1850)がテニソンに認められ,《詩集》(1863)は爆発的人気を博し,作品のいくつかは作曲され広く歌われた。一時期小説に転向,また《子どものための物語》(1865)など児童読物も書いた。数巻の詩集は1898年一巻本となる。気取った文体が欠点だが,〈リンカンシャー沿岸の高潮〉(1863)など逸品がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインジェローの言及

【児童文学】より

…少年小説もまたT.ヒューズの《トム・ブラウンの学校生活》(1857),R.バランタインの《サンゴ島》(1857),ウィーダOuidaの《フランダースの犬》(1872),シューエルA.Sewellの《黒馬物語》(1877)のあとをうけて,R.L.スティーブンソンの《宝島》(1883)で完成した。架空世界を取り扱った物語は,J.インジェローの《妖精モプサ》(1869),G.マクドナルドの《北風のうしろの国》(1871),R.キップリングの《ジャングル・ブック》(1894),E.ネズビットの《砂の妖精》(1902),K.グレアムの《たのしい川べ》(1908),J.M.バリーの《ピーター・パンとウェンディ(ピーター・パン)》(1911),W.デ・ラ・メアの《3びきのサル王子たち》(1910)にうけつがれ,ファージョンE.Farjeon《リンゴ畑のマーティン・ピピン》(1921)は空想と現実の美しい織物を織り上げた。さらにA.A.ミルンの《クマのプーさん》(1926)が新領域をひらき,J.R.R.トールキンの《ホビットの冒険》(1937),《指輪物語》(1954‐55)は妖精物語を大成する。…

※「インジェロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android