コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスタマチックカメラ インスタマチックカメラ Instamatic camera

2件 の用語解説(インスタマチックカメラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インスタマチックカメラ
インスタマチックカメラ
Instamatic camera

1963年アメリカ合衆国イーストマン・コダックが発売した,写真フィルム簡易装填式のアマチュア向け小型カメラ。画面は 26mm×26mm判。フィルム巻き取りスプールを内蔵する,専用コダパック・フィルムカートリッジを使用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インスタマチック‐カメラ(Instamatic camera)

カートリッジ式のフィルムを使う全自動のカメラ。ネガの大きさは26ミリ×26ミリ。1963年、米国のイーストマン‐コダック社が発売。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインスタマチックカメラの言及

【カメラ】より

…露出の自動化,ストロボとの同調から自動調光を経て,自動焦点カメラはコニカC35AFによって最初に実用化され(1977),35ミリレンズシャッター機はほとんどすべて自動焦点化されるに至った。 カメラにフィルムを装てんする操作を簡略化するためにフィルムのカートリッジ化も行われ,コダック社が63年発表した26mm×26mm画面サイズのフィルムを用いたインスタマチックカメラは,アメリカ,ヨーロッパで一時期大量に販売された。16ミリ,あるいは9.5ミリ映画フィルムなどを用いる超小型カメラは第2次大戦前後に数多く作られたが,これが広く普及するようになったのもフィルムのカートリッジ化によるところが大きく,72年コダック社が画面サイズ13mm×17mmとした,いわゆる110ポケットインスタマチック方式を開発し,その後約10年間世界的に普及した。…

※「インスタマチックカメラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インスタマチックカメラの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国ノース・アメリカン・シェパードアメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone