インスタマチックカメラ(英語表記)Instamatic camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インスタマチックカメラ
Instamatic camera

1963年アメリカ合衆国のイーストマン・コダックが発売した,写真フィルム簡易装填式のアマチュア向け小型カメラ。画面は 26mm×26mm判。フィルム巻き取りスプールを内蔵する,専用コダパック・フィルムカートリッジを使用した。Xシリーズは電池不用のフラッシュ(マジキューブ)を装着できるようになっており,また絞りシャッター速度,フィルム感度などの調整を一切不要とし,押せば写る aim and shoot機能をさらに向上させた。日本では 1964年,東京オリンピック競技大会を機に発売されたが,今日では姿を消している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インスタマチック‐カメラ(Instamatic camera)

カートリッジ式のフィルムを使う全自動のカメラ。ネガの大きさは26ミリ×26ミリ。1963年、米国のイーストマン‐コダック社が発売。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインスタマチックカメラの言及

【カメラ】より

…露出の自動化,ストロボとの同調から自動調光を経て,自動焦点カメラはコニカC35AFによって最初に実用化され(1977),35ミリレンズシャッター機はほとんどすべて自動焦点化されるに至った。 カメラにフィルムを装てんする操作を簡略化するためにフィルムのカートリッジ化も行われ,コダック社が63年発表した26mm×26mm画面サイズのフィルムを用いたインスタマチックカメラは,アメリカ,ヨーロッパで一時期大量に販売された。16ミリ,あるいは9.5ミリ映画フィルムなどを用いる超小型カメラは第2次大戦前後に数多く作られたが,これが広く普及するようになったのもフィルムのカートリッジ化によるところが大きく,72年コダック社が画面サイズ13mm×17mmとした,いわゆる110ポケットインスタマチック方式を開発し,その後約10年間世界的に普及した。…

※「インスタマチックカメラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android