インターネットオークション(読み)いんたーねっとおーくしょん

  • Internet auction

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットを通じてオークションの場を提供するサービス。ネットオークション、オークションサービスとも呼ぶ。現在では、インターネットを利用した個人売買の代表的な形態となっている。出品者は商品に関する詳細な情報や最低落札価格、配送方法などを提示し、入札者は希望購入金額を入力して競り合う。落札後は電子メールで連絡を取り、お互いに商品の発送と代金の振込を行う。なお、代金を支払っても商品が届かないなどの詐欺も起きているため、取引にはエスクローサービスを利用することが望ましい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

電子商取引のひとつ。インターネットを通じて行われるオークション。売却希望者がウェブサイト上に商品を出品し、最高値を付けた入札者が落札する。一般消費者間で取引が行われるC to C型の電子商取引の代表例だが、企業が出品することもある。◇略して「ネットオークション」ともいう。また、「オンラインオークション」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターネットオークションの関連情報