インターネットオークション(読み)いんたーねっとおーくしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットオークション

インターネットを通じてオークションの場を提供するサービス。ネットオークション、オークションサービスとも呼ぶ。現在では、インターネットを利用した個人売買の代表的な形態となっている。出品者は商品に関する詳細な情報や最低落札価格、配送方法などを提示し、入札者は希望購入金額を入力して競り合う。落札後は電子メールで連絡を取り、お互いに商品の発送代金振込を行う。なお、代金を支払っても商品が届かないなどの詐欺も起きているため、取引にはエスクローサービスを利用することが望ましい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

インターネットオークション【internet auction】

電子商取引のひとつ。インターネットを通じて行われるオークション。売却希望者がウェブサイト上に商品を出品し、最高値を付けた入札者が落札する。一般消費者間で取引が行われるC to C型の電子商取引の代表例だが、企業が出品することもある。◇略して「ネットオークション」ともいう。また、「オンラインオークション」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インターネット‐オークション(internet auction)

ネットオークション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android