インタープリター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インタープリター

インタープリター型言語のソースコードを、1行ずつ解釈して実行していくためのソフトウェア。1行の記述ごとに実行するため、ソースコードの記述の誤りを発見しやすいという利点があるが、ソースコードをまとめて機械語に変換するコンパイラーに比べて、処理速度が遅くなるのが欠点。インタープリター型言語には、BASICやLisp、Webアプリケーションの開発に使われるPHPなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

インタープリター

自然解説者、自然ガイドの職種名で資格名。公園施設や自然学校、エコツアーなどのプロ案内者。正確な知識とそれに裏打ちされた教育者的な役割、さらに参加者を楽しませるエンターテイナー的な要素も持つ。本来は、米国で国立公園内を案内する人のこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

インタープリター【interpreter】

通訳者。説明者。
コンピューターで、高水準プログラム言語で記述されたソース-プログラムを直接解釈して実行するためのプログラム。会話的にプログラムを開発できるが、プログラムの実行は遅い。
自然観察や自然体験などを通じ、自然や歴史について解説する人。自然解説者。自然ガイド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インタープリターの関連情報