インタープリター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インタープリター

インタープリター型言語のソースコードを、1行ずつ解釈して実行していくためのソフトウェア。1行の記述ごとに実行するため、ソースコードの記述の誤りを発見しやすいという利点があるが、ソースコードをまとめて機械語に変換するコンパイラーに比べて、処理速度が遅くなるのが欠点インタープリター型言語には、BASICLisp、Webアプリケーションの開発に使われるPHPなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

インタープリター

自然解説者、自然ガイドの職種名で資格名。公園施設や自然学校、エコツアーなどのプロ案内者。正確な知識とそれに裏打ちされた教育者的な役割、さらに参加者を楽しませるエンターテイナー的な要素も持つ。本来は、米国で国立公園内を案内する人のこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インタープリター

〘名〙 (interpreter)
① 通訳。通弁。通詞。〔外来語辞典(1914)〕
※旅‐昭和二一年(1946)一一月号・菅平の秋〈戸塚文子〉「甲の日本語を英語にして乙に伝へ乙の英語を日本語にして甲へ返し、かくて機械の如く我をなくして繰返すインタープリターといふ仕事」
② 高水準のプログラム言語をコンピュータ用の機械語に翻訳するプログラム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報