コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インチスケール層状構造 インチスケールそうじょうこうぞうinch-scale layering

岩石学辞典の解説

インチスケール層状構造

火成岩が約1インチ(2.54cm)の間隔で層状となる構造で,各層輝石と斜長石の葉層(laminae)の対で形成されている[Hess : 1960].このような例は米国モンタナ州のスチルウォーターの複合岩体にインチ幅の縞状構造が見られる[Hess : 1960].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

インチスケール層状構造の関連キーワード火成岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android