コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インチスケール層状構造 インチスケールそうじょうこうぞう inch-scale layering

1件 の用語解説(インチスケール層状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

インチスケール層状構造

火成岩が約1インチ(2.54cm)の間隔で層状となる構造で,各層は輝石と斜長石の葉層(laminae)の対で形成されている[Hess : 1960].このような例は米国モンタナ州スチルウォーターの複合岩体にインチ幅の縞状構造見られる[Hess : 1960].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インチスケール層状構造の関連キーワード火成火成岩起源混生包有物同構造時内因性脈二次火成岩火成摩擦岩ネオライト火成岩石区反応原理(火成岩成因論)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone