コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテンデンテ インテンデンテintendente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテンデンテ
intendente

18世紀後半,スペインカルロス3世が,アメリカ植民地における行政改革を目的として新たに設けた制度。監察官と訳される。もともとフランスアンタンダン制を導入したもので,地方行政の集中化と王権の直接支配の強化をはかり,腐敗したコレヒドール (副王,総督の下の小行政区の長官) およびアルカデ・マヨール (市参事会によって選ばれた市長) 制に取って代った。インテンデンテは税の徴収と財務の検査をおもな任務としたが,その権限は司法,行政から軍事的機能にまで拡大された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のインテンデンテの言及

【インテンデンシア】より

…カルロス3世は植民地行政の中央集権化,植民地官吏(コレヒドールなど)の職権乱用の防止と植民地からの収入増加を目的として,1764年にキューバ,84年にリマ,86年にヌエバ・エスパニャ(メキシコ)に設置。インテンデンシアを統轄する官吏はインテンデンテと呼ばれ,スペイン生れの者に限られた。インテンデンシアの数は多く,その領域もかなり広く,ヌエバ・エスパニャ副王領は12のインテンデンシアに分割された。…

※「インテンデンテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報