コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテンデンテ インテンデンテ intendente

1件 の用語解説(インテンデンテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテンデンテ
インテンデンテ
intendente

18世紀後半,スペインカルロス3世が,アメリカ植民地における行政改革を目的として新たに設けた制度。監察官と訳される。もともとフランスアンタンダン制を導入したもので,地方行政の集中化と王権の直接支配の強化をはかり,腐敗したコレヒドール (副王,総督の下の小行政区の長官) およびアルカデ・マヨール (市参事会によって選ばれた市長) 制に取って代った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインテンデンテの言及

【インテンデンシア】より

…カルロス3世は植民地行政の中央集権化,植民地官吏(コレヒドールなど)の職権乱用の防止と植民地からの収入増加を目的として,1764年にキューバ,84年にリマ,86年にヌエバ・エスパニャ(メキシコ)に設置。インテンデンシアを統轄する官吏はインテンデンテと呼ばれ,スペイン生れの者に限られた。インテンデンシアの数は多く,その領域もかなり広く,ヌエバ・エスパニャ副王領は12のインテンデンシアに分割された。…

※「インテンデンテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インテンデンテの関連キーワードドン・カルロスフアン・カルロス1世カルロス五世宮殿サンタマリア門スペイン王宮ラグレットスペインの時スペイン独立戦争フェルナンド[7世]カルロス[1世](スペイン王)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone