コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市参事会 しさんじかい

4件 の用語解説(市参事会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市参事会
しさんじかい

K.シュタインの市制改革によって生れたプロシアの市制や,それを模倣してできた日本の明治時代の市制に存在した会議制による執行機関をいう。日本では 1888年に初めて市制,町村制が制定されたが,市制においては,市長,助役,市会によって選出される6名の参事会員の3者で構成される市参事会が執行機関となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐さんじかい〔‐サンジクワイ〕【市参事会】

旧制で、市会の代理機関として、議決権の一部を委任された機関。市長を議長とし、市参事会員によって組織された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しさんじかい【市参事会 Stadtrat[ドイツ]】

ヨーロッパ中世都市の市政機関。中世都市を市民の共同体としてとらえようと試みたドイツの学界で,最も普及した学術用語である。都市参事会とも訳される。ヨーロッパとくにドイツの中世都市(都市)では,概して9~11世紀の都市領主支配の時代に続いて市民団体の自治に基づく都市共同体の時代(主として12~13世紀以後)が来るとされ,その共同体の成立をもって中世都市の本格的成立とする説明が有力であった。市参事会は,かかる都市共同体の自治機関として市の行政・裁判権を掌握し,競合ないし併存する他の諸組織を凌駕しつつ,都市を代表する機関に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しさんじかい【市参事会】

1888年(明治21)市に設置された、市長・助役および他の参事会員より成る執行機関。1911年以後は市会議員中の有力者より成る副議決機関となる。47年(昭和22)廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の市参事会の言及

【カビルド】より

…アユンタミエントayuntamientoとも呼ばれ,市参事会と訳される。もともと中世スペインにおいて,地方の都市住民の伝統と特権を代表した機関であったが,新大陸では征服が完了すると創設され,主として都市行政を任務とした。…

【市町村制】より

…市町村には議決機関として市会,町会,村会が設置され,歳出入予算の議定,決算の認定,財産の処分管理などの議決権限をもったが,市町村会は制限選挙の上に市会に三級選挙制(納税額等の多寡により1票の価値に差をつける等級選挙)が,町村会には二級選挙制が採用されており,事実上地方名望家によって支配された。また市には,副議決機関として市長および市会で選挙されたものから構成された市参事会が設置され,市会権限に属するもののうち委任された事件および市会不成立ないし市長に招集する時間的余裕のないときなどに,市会に代わって議決権をもった。この政治制度自体,市長行政権限を優位なものとしたが,市町村には知事の監督権が法定されており,知事は議会(市参事会を含む)の議決・選挙の取消し,強制予算,代執行,その他行政行為の許認可権をもっていた。…

【都市】より

…すなわち防備のために市壁をめぐらし,宗教の中心として教会をもち,それに接して市場広場Marktplatzをもつというのが,中世都市の外観を示す共通の特色である。 しかしそれに加えて中世都市は,各種の特権を集積することによって,封建社会の中でそれぞれの〈都市法〉という独自の自治権をもつ特殊法域を形成し,市政の全般は市参事会制度により自主的に運営された。そのため上記三つの施設のほかに,市参事会の本拠である市庁舎(ラートハウスRathaus)のりっぱさが,その都市の繁栄を示すシンボルとなったのである。…

【都市法】より

…これらの都市の住民はより大きな自立を得るために誓約にもとづく平和〈アイヌング(communioまたはconiuratio)〉すなわち司教の暴力的行為に対する神の平和の誓約に訴えたりしたが,いくつかの司教都市は君主に対する完全な自立を武力によって勝ちとらねばならなかったのである。 中世の後期に入って,都市に市参事会制度が確立すると,市参事会の制定法Satzungen,Willkürenが都市法の形成に中心的役割を果たすことになる。市参事会は他のすべての都市機関の重要性を押し下げ,たいていは都市の最上級裁判所にもなり,それとともに,古いシュルトハイスやフォークトの裁判所は衰退した。…

※「市参事会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市参事会の関連キーワード商人ギルド中世都市都市法ヨーロッパ中央銀行増田四郎ヨーロッパ通貨機関週市ヨーロッパ中央銀行制度ヨーロッパ通貨機構都市参事会(ヨーロッパ中世)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市参事会の関連情報